本当の成功とは

本当に成功したいのであれば、まずは対人恐怖症を克服することが第一です。自分がどう生きるかよりも、自分が他人からどう見えているかが問題では、つねに周りの評価を気にしなければならず、本当の幸福感を得ることができません。「自分の人生は自分で決める」「失敗したらやり直せばいい」「成功者とは成功するまで失敗した人だ」人の評価を気にしていては、そんなに続けて失敗できないし、本田宗一郎氏や松下幸之助氏がそういう人だったら、何ひとつ商品を完成できなかったでしょう。潰せばの多くが持つトラウマーー対人恐怖症――と、今日からおさらばしましょう。ご存知のように、日本での挨拶はお辞儀が主流です。最近は、ようやくビジネスシーンなどで握手をするようになりましたが、それでもまだまだ一般的ではありません。

 

そういう意味で、日本は欧米に比べ、スキンシツプが圧倒的に少ないと思います。私は、どちらかというと古いタイプの典型的潰せばですが、海外で生活し、日本に帰ってきて一番寂しく思うのは、このスキンシツプ、とくに工CO (ハグ、抱き合う)の習慣がまったくないことです。例えば、私が久しぶりに日本に帰ってきて実家の両親に会っても、顔はとてもうれしそうですが、抱き合って喜ぶことはありません。先日、生徒さんがワーキングホリデーでオーストラリアに旅立つために、空港へ見送りに行きました。彼女の両親、兄弟、親友たちが見送りに来ており、いよいよ搭乗のときがやってきました。お母さんや友達の目には光るものが。みんな口々に「頑張ってきてね」の声援。