オイリー肌はニキビができやすい

 

最近ドラッグストアにいくと、とてもたくさんの種類の洗顔、化粧水、 美容液などがそろっていることに驚かされます。それもメーカーがいろいろあるばかりでなく、顔の肌のタイプ別――硬い肌、柔らかい肌、大い肌、細い肌、くせのある肌――の、 いろいろな肌に対応した製品が発売されています。

 

おしゃれのために使い分けているという人もいるでしょう。その一方で毛穴のつまりで悩んでいる人も少なくないようです。いろいろ毛穴のつまり対策用の洗顔も発売されているけれど、あまり効果もないようだという人もいるのではないでしょうか。毛穴のつまり用洗顔と呼ばれるものは、ジンクピソチオンなどを配合しています。

 

ほとんどの場合、これを使用法に従って正しい洗顔と洗顔後のヘアケアをしておけば、毛穴のつまりを防ぐことはできます。でも中には毛穴のつまりを落とそうと思って、洗い過ぎてしまい、かえって皮膚トラブルを起こしてしまう人もいます。また、洗った後の肌がキシキシと鳴るほど洗浄力の強い洗顔を使うことも感心できません。

 

 

脂性肌の人にとって大切なのは、皮膚を清潔に保ち、しかも乾燥を防ぐことです。顔の肌は汚れやすいものですから、アレルゲンもつきやすくなります。適度に洗顔することは脂性肌の症状を軽くするうえでもおおいに効果があります。でもそれはあくまでも次に述べることを参考に、適度を心掛けてください。

 

最近の洗顔は、消費者の洗顔頻度が高くなったことを反映して、洗浄力を抑えてありますけれど、刺激に敏感になっている脂性肌の肌にはそれでも影響を与えることがあります。

 

オイリー肌でニキビを治すには洗顔を肌の合ったものにする

 

洗い流す時に洗顔が顔が肌に合わずかぶれを起こしたという人もいましたし、洗う時に顔までこすって湿疹をひどくしてしまったという人もいました。洗った後、 ヘアクリームやミスト、セットローションなどを使う人もいると思いますけれど、それらが肌について刺激を与えないよう充分注意したほうがいいでしょう。

 

私は、脂性肌が出ている間は、なるべくそういうものを使用するのは避けるようにしてほしいと伝えています。そういうものをつけていると汚れやすくなり、必然的に洗顔の頻度がふえてしまうからです。そしてなるべく刺激の少ない洗顔類を使って、洗ったらすぐシャワーなどで流すようにしてもらっています。

 

できるだけ肌の表面に洗顔を残さないように、でもそのためにこすり過ぎないように、そっと大切に自分の肌と肌を扱うようにしてください。

アトピーとニキビケアどっちを優先すべき?

肌をきれいにしていたいというのは、女性ならだれでも常にもっている感情だと思います。まして、アトピーで肌がカサカサになっていたり、湿疹や赤くなったりしている状態ならなおのこと、できるだけされいにしたい、吹き出物やニキビどなくしてしまいたいと思うのは当然かもしれません。

 

でも、アトピーの状態は、肌が非常に敏感になっていて、外からの刺激を受けやすく、またその刺激に過剰に反応してしまうのです。

 

ニキビケアは、健康な状態の人がやっても肌の手入れをきちんとしておかないとトラブルを起こしやすいほど、肌を刺激するものです。医師の診断を受けてアトピーをまず治すか、状態をできるだけ改善してからニキビケアは行うべきです。

 

気をつけなくてはいけないのは、自分がアトピーであることに気付いていない場合です。湿疹がある、かゆみがある、けれどこれまでも似たようなことはあったし、たいしたことはなかった、すぐに治るだろうと、軽い気持ちでワックスニキビケアしたら、たちまち赤くはれ上がって、治まらなくなってしまったという人もいます。

 

肌性が年齢とともに変わつてくるために、それまで何ともなかったのに、突然湿疹が出るということもあるのですから、ちよっとでも疑間をもったら、専門医を訪ねてください。

 

 

おススメサイト

ニキビケア大百科